So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

医療保険は加入不要と言える根拠。では火災保険は? [不動産 賃貸 chintai twitter]

この記事では、高額医療保障制度のある我が国では、個人で医療保険に入る必要はないと指摘しています。保険好きの日本人は、数学的に考えて、メリットの無い保険に入り過ぎていると思います。もちろん、賠償金額がうなぎ登りの自動車や自転車の事故については、任意保険に入るのは社会的責任です。

そこで話題は、不動産賃貸事業として相応の数の不動産を保有している私は、火災保険などにどれほど加入しているでしょうか?答えは、「ほとんど加入しない」です。但し入居者には、借家人賠償責任保険には、加入を義務付けています。 例外に海岸や川辺にあるなど、立地にリスクがある場合。構造に不安を感じる場合など、特別の事情ない限り、家屋を保険に入れることはありません。

多くの方が、「えっ?火災保険に入れないのか?」と疑問を持たれると思います。確かに、住宅ローンを利用するには、火災保険の加入義務がある場合がほとんどです。 しかし、以下のデータが参考になります。 ・住宅火災(2013年1~12月) 1万3621件(消防庁より) ・世帯数(13年1月1日現在) 5554万9282世帯(総務省統計局より)

上記のデータから、住宅火災は1年間に4078件に1件発生し、その発生確率はなんと0.024%となりました。 単純計算すると、自宅が火災にあうのは4,000年に一度くらいとなります。別の言い方をすれば、4,000件戸建を保有している人は、1年に1件火災に遭うことになります。
残念ながら、私はまだ4,000件も保有していません。ですから数学的に判断して、私が火災保険に加入するメリットは小さいのです。

タグ:火災保険
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。